出産前 便秘

MENU

出産前の便秘、処置はどうする?

出産前の便秘

妊娠中に便秘になると、お腹が重くなったり、
胎動と腸ぜんどうの違いが分かりづらくなったりと、
あまり良いことはありませんよね。

 

食べることもつらくなったり、妊娠後期になってお腹がさがってくると、
便秘と血流のにごりから酷い痔になってしまうこともあるのです。

 

そんな出産前の便秘ですが、一番つらいのは分娩前。

 

現在ではそれほど行わなくなりましたが、
昔は大きなタンクのようなものに大量の薬液をつめて浣腸をおこなっていたのです。

 

(個人院などでも最近までそのような処置がされてきましたが、
現在では少量のグリセリンなどを使う場合が多いです)

 

出産前の便秘の処置は、陣痛なども相まって非常に苦しいものなので、
できればその前に解消しておきたいですよね。

 

ですが、お腹の赤ちゃんも出産の準備をはじめる時期、
むやみにストレッチをするのも怖くなってしまいがち。

 

出産前の便秘は、次のような処置で軽減することができます。

  • 「はぐくみオリゴ」のような粉末性のオリゴ糖を日ごろからとる
  • お腹を中心にお風呂の中でマッサージする
  • 朝起きた時に熱めのお湯を1杯飲む

 

特にこの中でも、熱めのお湯を寝起きに飲むのはかなり効果があります。

 

それでも効かないときは、オリーブオイルをスプーンに1杯たらして、
ヨーグルトと一緒に食べるとお腹がすっきりします。

 

以上のようなことなどを続けていくと、少しでも便通が緩和されることがありますよ。
お腹が辛い場合は無理せずに、のんびりと行ってみてください。

 

>>はぐくみオリゴで下痢になる?【はぐくみオリゴは飲む量に要注意】